料理

「チキンラーメン」ガッキーのCMで話題の アレンジレシピを紹介!!

投稿日:

スポンサーリンク

ガッキーこと新垣結衣ちゃんが出演しているCMのひとつに
チキンラーメン」があります。

 

CMでふたを開けた時にガッキーが驚いている理由はなんなのか?
ということがネットで話題になっていますね!
あれはふたを開けたら入れたはずのないネギが入っていたからか?
という説が浮上していました。
週刊アスキーさんが日清食品の広報さんへ問い合わせたところ
「チキンラーメンがおいしそうだから驚いたんです。」という当たり前の回答だったようです。(笑)

そのCMがこちらです。

 

 

無性に食べたくなる時ってありませんか?
アレンジレシピ、作ってみたくなるんですよね?!
普通に食べてもおいしいですが、アレンジレシピ試してみましたか?
他にももっとおいしくなるレシピないかしら…もっといろんな食べ方を紹介します。


チキンラーメンの歴史と人気の秘密。

images

1958年8月25日に日清食品から発売された「チキンラーメン」。
創業者:安藤百福さんが「もっと手軽にラーメンを」と開発、
発売開始時は85g入り35円で発売されました。
この8月25日大阪・梅田の阪急百貨店うめだ本店で試食販売が行われ、
これを記念して、8月25日は「チキンラーメン誕生の日」とされています。

 

袋入りインスタントラーメンではあるが、調理方法はとても簡単で、
お湯をかけてふたをするだけ(密閉するだけ)で、どんぶり等の器を用意する
必要はありますが、加熱の必要がない手軽さ。
カップめんとほぼ同様の調理法ということが、人気の一つでしょう。
乾燥めんは調理しなくても、多少塩辛いためそのまま齧ったり、
砕いてご飯にかけたり、スープの具にして食べることもできます。
めんに含まれるでんぷん質はアルファ化(加熱によって糊化)されているため
消化吸収上は問題なく、非常食としても有効な優れものです。

 

 

卵を割らずに卵を固める方法は?

卵を割らずにきれいに固めるのって難しいですよね!? コツがあるんです!
CMのおいしそうな卵に仕上げるためには、とにかくお湯の温度が下がらないような環境を作ること!!
器とふたを事前に温めておく、注ぐお湯ももちろん熱湯で、
ふたはきっちり閉まるように。
卵も冷蔵庫から出したばかりではお湯の温度を下げる原因になります。
卵の大きさは、あのくぼみにきっちり収まるようにMサイズがおすすめ。
あとは、卵を崩さないようにそっとお湯を注ぐことがポイントです。
開発者の安藤百福さんはおいしく食べるコツは
ちゃんとふたを閉めて、きっちり3分待ち、よくかき混ぜてから食べること
と語っています。

スポンサーリンク

 

 

アレンジレシピ

CMでもおなじみ【佂玉チキンラーメン】

 

images-1

材料 (1人分)
チキンラーメン  1袋
ネギ      お好み
胡麻      お好み
卵        1個

作り方
①鍋にお湯450mlを沸かし、チキンラーメンを袋から取り出し、1分煮込みます。
②茹で上がったら、汁とめんに分けます。
③器にめんを盛り、刻んだネギ、胡麻、卵をのせて完成です。
よく混ぜて召し上がって下さい。
ネギと胡麻を粉チーズとブラックペッパーにするとカルボラーナ風に変身です。

残った汁は、刻んだ野菜(玉ねぎ、ニンジン、コーン)と冷凍餃子を一緒に煮込んで餃子スープなどにして召し上がるといいかもしれませんね。
今、youtubeで人気のHIKAKINさんも作ってますね。(笑)

【チキンラーメンの炊き込みご飯】

images-2
材料(4人分)
チキンラーメン  1袋
お米       2合
ネギ       1本
卵        1個
水       400cc
ブラックペッパー お好み

作り方
①炊飯器に洗ったお米と分量の水を入れ、荒く砕いたチキンラーメンを入れて炊飯する。
②炊き上がったらすぐに溶いた卵と刻んだネギを入れて、10分蒸らして完成。
ブラックペッパーはアクセントで、お好みで。お水の400ccは参考ですので、
ご家庭のお好みの分量にするといいかもしれません。
鍋でもできますので、キャンプ等のアウトドアにもおすすめです。

 

おまけ…【そのまま食べる】(笑)

材料(1人分)
チキンラーメン  1袋

子供の頃、やりませんでしたか?
ネットでも食べた人は「そのまま齧ったほうがおいしい。おやつには半袋位がちょうどいい。」なんていう話もありましたよ!! (笑)
なんといっても簡単に食べられるのがうれしい「チキンラーメン」。
忙しくても、ちょっとした工夫で、ぐっとおいしさが変わります。
皆さんもいろんなアレンジレシピを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-料理
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

関連記事はありませんでした